社会福祉法人同胞会

幼保連携型認定こども園

同胞こども園

『心の豊かな子ども』を。子どもたちが主役です。

 

 こども園で生活をする中で、中心となるのは子どもたちです。保育教諭は、毎日試行錯誤しながら、子どもたちの思いに寄り添い教育・保育をおこなっています。

 

 赤ちゃんのクラスでは、子どもたちが快適に、気持ちよくすごせるように。特に大切にしていることは、守られているという「安心感」。

 

 大きくなってくると、お友だちと一緒に遊んだり、思いをぶつけあって喧嘩をする中で「思いやり」を。そして、「やってみよう!」という意欲を大切にしています。

 

キリスト教保育の実践園です。

 

隣人を自分のように愛しなさい』とキリストは言われました。その言葉を大切に私たちは子どもたち一人ひとりを大切に、教育・保育をおこなっています。愛されることで心も身体も健全に育ち、大切にされることで豊かな人間性を育みます。

 

同胞こども園は、いつも子どもたちを第一に、そして子どもたちの人権が守られることに、力を尽くします。

社会福祉法人同胞会は、日本キリスト教団 京都丸太町協会が設立しました。運営している施設は、

同胞こども園、こひつじこども園、同胞の家があります。

 

 

お知らせ

 

2019年度 保育教諭募集中!くわしくはお電話ください。

 

  2018年12月給食・離乳食献立アップしました。ご覧ください。

 

   

今月の聖句

12月

学者たちはその星を見て喜びにあふれた。

マタイによる福音書 2章10

〒611-0033

京都府宇治市大久保町旦椋72-2

TEL  0774-44-3632