乳児保育・教育

0,1,2歳の教育・保育

 

 子どもの心身の成長はひとりひとり、大きく異なります。同胞こども園では月齢やクラスで子どもの成長を判断するのではなく、子どもひとりひとりの姿を大切に保育や教育を行なっています。

 また、子どもは大人によって生命が守られ、愛され、信頼されることで、自分自身も人を愛し信頼する人に成長します。ゆったりと安心できる環境の中で、のびのびと遊ぶことで自分を発揮する。私たちは心を込めて、そんな保育を行っています。

 

■家庭的な雰囲気の中でゆったりとすごし、子どもたちが安心できる環境を用意します。

 

■ひとりひとりの特徴をとらえて、温かく受容し、育ちへの適切な援助を行います。

 

■子どもひとりひとりの言葉やつぶやきに耳を傾け、心を込めて関わります。

 

■個々の発達を適切に捉え、育ちに必要な援助を行います。

 

■様々な遊びに興味が出るように、環境を整え、意欲的に遊びに向き合えるようにします。

 

■ゆったりとした雰囲気の中で食事をし、食への意欲が持てるように関わります。また、個々の食生活に配慮します。

 

乳児クラスの一日

7:00

登園

あそび

9:20

排泄(おむつ交換)

牛乳

10:00

あそび

排泄(おむつ交換)

絵本、手遊び

11:30

給食

排泄(おむつ交換)

12:30

午睡

14:40

目覚め

排泄(おむつ交換)

15:00

絵本、手遊び

おやつ、牛乳

15:30

排泄(おむつ交換)

あそび

16:00

順次公園

16:30

排泄(おむつ交換)

夕方の遊び

18:30

おやつ

 20:00  保育終了